トップページ > 城下町松本 > 城下町松本を歩こう

城下町松本を歩こう

城下町の風情・佇まいを感じながら、ゆっくりと町歩きしてみませんか。
見て知ってさまざまな角度から城下町を楽しんでみてください。

おすすめコース

  • 東コース

    太鼓門を出発し、町人町を歩くコースです。
    城下町の東西南北の入口に置かれていた4つの十王堂のうち、十王の像が唯一残っている「餌差町の十王堂」や、県宝になっている念来寺の鐘楼などがあります。

  • 西コース

    二の丸から西堀を下り、町人町を散策してお城の北にある松本神社へ向かうコースです。
    城の一番外側の総堀を掘った土を内側に盛り上げて造った「土塁」が残る西堀や、武士が行き来した六九、鷹匠の人たちが住んでいたという鷹匠町を歩きます。

  • 南コース

    大名町から大手門跡、観光地としても人気の高い縄手や中町通りを通り東門に戻るコースです。
    城下町ならではの「丁字路」や「食いちがい」の道が見られ、地元の人々が日常的に利用している井戸もあります。

  • 北コース

    太鼓門から二の丸御殿跡を通り、主に武家地を歩くコースです。
    馬場や馬出し、江戸時代の武士の家の様子を今に残す「高橋家住宅」などのほか、松本市初代市長・小里頼永の家の跡や、陸軍大将・福島安正の生家跡などもあります。

天守入口までの待ち時間

現在 約80分