松本城の白鳥について

令和2年12月9日(水)12時40分、長らく皆様に愛され続けてきました松本城のお堀(本丸南西の内堀)に住む白鳥の1羽(メス)が老衰のため永眠しました。

令和元年7月に永眠した「松ちゃん(メス)」の娘で、約18年間松本城で過ごしました。
これまで皆さまからいただいたご愛顧に深く感謝しつつ、残された白鳥に対しても、変わらず温かく見守っていただきますよう、よろしくお願いいたします。

なお、長野県松本家畜保健衛生所による鳥インフルエンザの簡易検査結果は陰性でした。