史跡松本城太鼓門耐震対策工事について

 平成30年度に実施した松本城黒門・太鼓門耐震診断の結果、耐震性能が不足していることが判明したため、大地震動時(震度6強以上)の被害が大きいと診断された太鼓門の耐震対策工事を実施します。

 かけがえのない文化財を後世に伝えていくため、何卒ご理解ご協力をお願いいたします。

 

太鼓門耐震対策工事について

 

【工事の内容】

⑴ 一の門は、天井に補強材(ブレース)を設置し、耐震補強壁を設置します。
⑵ 二の門及び袖塀は、基礎部に転倒防止のための補強を行います。
⑶ 補強後に、漆喰の塗り直しを行います。

 

【スケジュール】

 令和4年度に一の門及び二の門の対策工事を実施し、令和5年度に袖塀の対策工事及び一の門の漆喰の塗り直しを行います。

 

太鼓門の通行止めについて

 対策工事の施工に伴い、太鼓門の二の門(東側の門)に設置した足場を撤去するため、令和4年9月1日(木曜日)開門時間の午前6時30分から午前8時30分まで通行止めとなります。

 なお、二の門につきましては、令和4年11月中旬から約2か月程度の通行止めを予定しています。詳細日程が決まり次第、改めてご案内いたします。

 

太鼓門耐震対策工事位置図