トップページ > お知らせ > 松本城だより33 冬の天守の楽しみ方

松本城だより33 冬の天守の楽しみ方

松本市は既に朝方は氷点下の日もあり、長い冬に入ろうとしています。
冬は木々の葉が落ちて城が見えやすくなり、お城好きが巡るには最適な季節といわれます。

本丸庭園 冬の朝

とはいえ天守内は大変寒く、文化財保護のため暖房器具が使用できません。
特に足元が冷えるため、松本城では12月から天守入場の際にはスリッパをご用意しています。
今年は大きめのスリッパやお子様用の小さいスリッパもご用意しました。

天守内の大天守六階から眺める北アルプスは絶景です。
1月~2月頃には市街地が一面雪景色となり幻想的な姿をみせてくれる日もあります。

大天守六階 北アルプス

他にも空気が澄んで空の色が反射した真っ青な堀など魅力はたくさんあります。
12月1日からは本丸庭園内の木々に冬囲いが行われます。

防寒対策を万全にして冬の松本城をお楽しみ下さい。